童貞でもセフレは作れる!根拠4つと絶対におさえるべきポイントを伝授!

  • 5月 16, 2024
  • sfre

童貞であっても、セフレを作りたいと思う男性はたくさんいます。

たくさんの女性と体の関係を持ちたいというのは、男性にとって自然な願望です。

しかし、自分は童貞…経験がないから無理だろうと、初めから諦める人も少なくありません。

周りから「童貞にセフレを作るのは無理だ」と言われることもあるでしょう。

でも、実は童貞の人でもセフレを作ることは可能です。

ただし、一般的な方法では難しいかもしれません。

童貞に合った戦略をきちんと考える必要があるのです。

そこで今回は、童貞でもセフレを作れるワケと、そのために必要な具体的なメソッドについて説明します。

ハッピーメールは本当にやれる?タダマンできる女性の特徴は?ヤるまでの手順も

童貞でもセフレは作れるワケ

まず、童貞の人でもセフレが作れるワケについてお話しします。

多くの男性が、セフレ作りは新しく彼女を作るよりも難しいと感じています。

ですが、セフレと彼女の両方の経験がある私から言わせてもらうと、それは必ずしも真実ではありません。

理由1:オンリーワンの男性にならなくても良いから

まず、童貞の方がセフレを作ることができる一つの理由は、女性にとってその男性が唯一である必要がないことです。

童貞の方が彼女を作る場合、通常、彼女にとっての「彼氏」は一人だけです。

したがって、その女性にとって唯一無二の存在に選ばれなくてはなりません。

これは、そもそも女性と付き合い慣れていない童貞の男性にとって、かなりの挑戦となるのは想像できるはず。

一方で、セフレの場合は、そのような制約が必ずしもありません。

セフレは一人である必要がなく、すでに彼氏がいる女性ともこっそりとセフレ関係を持つことが可能です。

正直に言えば「唯一の男性」になるよりも、「複数の中の一人の男性」になる方がずっと簡単なのです。

そこまでのハードルを求められないため、童貞の男性でも十分に可能だと思いませんか?

理由2:長い目で判断されずに済むから

2つめの理由は、セフレ関係の場合は相手の女性から、長い間評価されることが少ないためです。

童貞の方が彼女を作ろうとした場合、恋人関係は基本的に長く続くことが望ましいですよね。

そのため、「長く付き合えるスペックかどうか」という観点で見られがちです。

年齢が上がると、結婚を考える段階にもなり、「どれくらいの収入があるか」「いい父親になれるか」など、将来性を重視されることが増えます。

ただでさえ童貞の男性にとって、大きなプレッシャーとなってしまいますよね。

しかし、セフレの場合はこのような長期的な要素は重視されません。

「長続きするかどうか」を基準にセフレを選ぶ女性は少なく、彼氏や夫になるような関係を前提としていないため、結婚を視野に入れることもありません。

このため、セフレとしての関係では、長期的な視点で評価されることが少ないので、童貞の方でも簡単に成功することがあるのです。

理由3:経験豊富な男性が好まれるわけではないから

三つ目の理由は、経験豊富な男性が必ずしも好まれるわけではないことです。

童貞の男性がセフレを作る際に一番心配になるのが、セックス技術ではありませんか?

経験がないため、女性を満足させることができるか不安に感じるのは、自然なことです。

実際、初めてのセックスで女性を完全に満足させるのは難しいかもしれません。

しかし、これは意外に童貞だけの問題ではないんです。

実は、経験が豊富な男性の中にもセックスが下手な人は少なくありません。

経験が多いにも関わらず、女性からセフレとして選ばれにくい男性もいます。

多くの経験がある男性=セックスが上手いとはならないのです。

だいたい遊んでいる彼らは「セックスに持ち込むまでが上手い」かもしれませんが、「セックスが上手い」というのはまた別の話。

さらに、女性の演技やお世辞を真に受けて自己満足な行為に走ることも多いです。

これに対して、童貞の方が「セックスが上手いと勘違いする」ことがなく、女性の指導を素直に受け入れることができます。

そのため、童貞の方がセックスに対して誠実でむしろ好意を持たれることもあるのです。

このような理由から、経験人数が多い男性が必ずしも好まれるわけではなく、童貞であってもセフレを作るチャンスは十分にあるのです。

童貞がセフレを作るまでの実践的な手順

それでは、童貞の方はどのようにしてセフレを作れば良いのでしょうか。

次の項目からは、その具体的な手順を詳しく説明していきます。

ステップ1:童貞はセフレ候補の数をまず増やすべし

何よりも、まずは出会いの場を増やさなければ話になりません。

童貞の方は女性との出会いが少ない傾向にあるため、この点を最優先で改善する必要があります。

どんな男性でも、出会った女の子を全てセフレ化することは不可能です。

そのため、限られた数の人を決め打ちするのではなく、多くの人と出会って確率を上げることが重要です。

ただし、出会いの場所を選ぶことは、童貞がセフレを作る際に非常に重要なポイントです。

出会う場所によって、セフレを作る難易度が異なるからです。

特に学校や職場での出会いは推奨しません。これらの場所では新しい人が入ってくる機会も少なく、出会いが限られてしまいます。

また、共通の知人が多いため、行動を起こしにくいです。積極的にアプローチをしたり、失敗した場合に噂が広がるリスクもあります。

さらに、女性も「周囲にバレるかもしれない」「関係がこじれたら気まずい」といった心配から、積極的になりにくい傾向があります。

これらの理由から、学校や職場でセフレを作るのは難しいため、以下のような場所で出会いを探すことをおすすめします。

  • ナンパ
  • クラブ
  • パーティー
  • 出会い系サイト
  • マッチングアプリ
  • SNS

これらの方法を利用すれば、新しい出会いを増やすことができますし、お互いに共通の知り合いがいないため、より積極的になりやすいです。

リアルな出会いでは、自分から積極的に声をかけ、会話を盛り上げる必要がありますが、これは童貞の方にとっては難しいかもしれません。

そのため、インターネットを通じた出会いがベストです。

ネットを利用することで、会話を文字で進めることができ、じっくりと返信を考える時間が持てます。

学校や職場以外での出会いが童貞にとってはセフレを作りやすくなります。

特にネットを活用することで、直接的なアプローチの必要がなくなり、結果を出しやすくなるでしょう。

私自身も出会い系サイト、マッチングアプリ、SNSを利用してきましたが、現在はSNSのTwitterが最も効果的だと感じています。

ステップ2:最初のセックスで童貞は卒業しよう

女性との出会いが増えたら、次の目標は1回目のセックス、つまり童貞を卒業することです。

セフレという関係は何度も会ってセックスをするものですが、当然1回目がなければその後も続きません。

そのため、セフレを作るまでは、最初のセックスを成功させることに焦点を当てましょう。

ちなみに、最初から「満足させられるか」「関係が続くか」といった余計なことを心配する必要はありません。

童貞の多くは、セックスまでの流れを具体的に想像できないものですよね。

そこで、セックスに至る2つのパターンについて説明していきます。

1つ目のパターンは、デートを経てセックスに誘う方法です。

一緒に食事をして過ごした後、帰り際に自宅やホテルに誘います。

童貞の方にはどのようにデートを進めれば良いのか分からないかもしれませんが、居酒屋やレストランでの食事がよくあるパターンです。

このとき、必ずしも長時間のデートや遠出をする必要はありません。

誘い方には、直接的な「抱きたい」「ホテルに行こう」と言う方法と、間接的な「少し休んで行こう」「あそこで一緒に飲もう」という方法があります。

信じられないかもしれませんが、これだけで応じる女性は意外にもいるのです。

しかも、初回で断られても、2回目や3回目で成功することもあるので運次第なところもあります。

この方法では、デートでの会話がとても重要になります。

女性に安心感を与え、セックスに持ち込むためにムードを盛り上げる必要がありますが、これは童貞の男性にとって少々難しいかもしれません。

もう一つのパターンは、デートを挟まずにセックスする方法です。

出会ったその日にホテルへ直行するには、インターネットを活用し、出会い系サイトやSNSで事前にセックスの約束を取り付けておけばOK。

この方法なら、ムード作りなどの難所を越える必要がなく、セックスまでのハードルが劇的に下がります。

実際に私もこの方法を用いて、Twitterを通じてセフレを作ることに成功しています。

顔写真を見せずにセックスの約束ができるため、外見に自信がない方にもおすすめです。

以上のように、デートを経由せずに直接セックスを目指す方法も一つの選択肢ですよ。

ステップ3:何度も会ってセックスを繰り返す

童貞を卒業したら、セフレを作るのはもう一歩となります。

その女性と再び会い、セックスの関係を継続できれば、セフレと言えるでしょう。

女性から「また会いたい」と言われることもあるかもしれませんし、誘われなくても積極的に自分から誘うことが大切です。

1回目のセックスをしたからといって、必ずその女性と再び会えるわけではありません。

これは童貞の男性に限った話ではなく、誰にでも起こり得ることです。

私自身も、「この人とセフレになりたい」と思った女性でも、2度目のセックスにこぎつけないことだってありますよ。

そのため、すぐにセフレができないからといって落ち込む必要はありません。

この記事で紹介した方法に従って、出会いとセックスの機会を増やしていけば、セフレを作ることは時間の問題です。

また、1人だけでなく複数のセフレを持つことも可能です。

こうして、2回目以降もセックスを続けることができれば、童貞からセフレを作る道が自然と開きますよ。

童貞でもセフレを作れる!さっそく実践してみよう

今回は、童貞でもセフレを作ることができる理由とその具体的な方法についてご説明しました。

童貞でもセフレを作れる理由は、セフレ関係では、彼氏と違って女性にとって唯一無二の存在である必要がないからです。

さらに、長期的な視点での判断、つまり将来性や結婚への適性を問われることが少ないです。

女性は経験豊富な男性を必ずしも好むわけではないため、経験人数が少なくてもチャンスが十分にあります。

セフレを作るためには、まずは出会いを増やすことが重要です。

ただし、学校や職場のような日常の環境ではセフレを作りにくいのが実情です。

新しい人が少なく、共通の知り合いが多いため、行動が取りにくいからです。

そのため、学校や職場以外の場での出会いがおすすめです。

しかし、直接会話からセックスへ誘導するのは、童貞にとっては大きなハードルですよね。

この点を克服するためには、やはりインターネットを通じた出会いで最初からセックスの約束を取り付けておくことです。

特に「Twitter」は無料で利用でき、セックスまでの約束が確実になるので便利ですよ。

この方法なら、童貞の男性でもセフレを作ることが可能になりますから、今日からでもぜひ試してみてくださいね。