女性だけどセフレがほしいのは普通?安全な出会い方や注意点も解説

女性だけどセフレがほしい、こんなこと誰にも言えない、と悩んでいませんか?

生きていれば、男女ともに性欲が湧くのは当然のことですから、女性だけどセフレがほしいと思うのはいたって普通の感情です。

男性に比べて女性はオープンに性的な話をしないので、自分だけが変なのかと不安になりがちですが、気持ち良いことが好きなのはみんな同じです。

今回は、女性だけどセフレがほしいときの出会い方や、女性ゆえに注意すべきポイントも解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

20代のセフレが欲しいなら!エッチできる20代の友達の作り方

40代のセフレが欲しいなら!エッチできる40代の友達の作り方

看護師をセフレにする方法!セックスできるナースとの出会い方

保育士をセフレにする方法!セックスできる保育士との出会い方

50代でセフレを作る方法!アラフィフでも女性に惹かれる男になろう

女性だけどセフレがほしいのは普通のこと

女性だけどセフレがほしいと思う感情は、いたって普通のことです。

しかし、人より性欲が強いのかもしれない、こんなこと考えるなんて恥ずかしいと悩む女性が多いのも事実です。

そこで、女性だけどセフレがほしいと思うのがいかに普通なのか、具体的なメリットも踏まえて解説します。

性欲は男女関係ない

そもそも性欲は、睡眠欲、食欲につづく三大欲求にも入っているくらいですから、男女関係なく持っているものです。

そのため、セックスしたいと思うことは普通の感情ですし、エッチな気分になったときに都合の良い相手がいなければ、ストレスが溜まる一方です。

タイミング良く恋人が居るとも限りませんし、いたとしてもセックスに満足できていないこともあるでしょう。

なかなか会えない多忙な相手であれば、高まったときに必ず性欲を発散できるわけではありません。

いちいち面倒な恋愛は抜きにして、さくっと後腐れのないセフレとエッチしたいと考える女性は、意外に多いです。

女性の方が上手く立ち回れる

女性だけどセフレがほしいと考えている人に朗報ですが、むしろ男性よりも女性の方がセフレ作りには向いています。

一般的に、男性よりも女性の方が嘘が得意と言われがちで、女社会は本音と建前、表と裏の顔を使い分けられないと生きていけません。

そのため、セフレを作ったり、複数の相手と同時にやり取りしたりといった、マルチタスクではむしろ女性が能力を発揮するのです。

たとえば本命の恋人がいたとしても、周りにセフレがいることを知られたくないという場合でも、何事も無いかのように自然に振る舞えるでしょう。

愛されてキレイになる

女性だけどセフレがほしいという人の中には、たっぷり愛されて全身満たされたい、という願望があるでしょう。

心から満たされたセックスというのは、女性の内面から自信や美しさを惹き出し、外見もキレイにしてくれます。

セックスした次の日、何だかお肌の調子が良いという経験は、女性なら誰しもあるはず。

性欲を発散できるだけでなく、満たされてキレイになるというのは、女性にしか味わえない特権です。

女性だけどセフレがほしいときの出会い方

女性だけどセフレがほしいときの出会い方は、主に以下のようなものがあります。

  • 飲み会や合コン
  • マッチングアプリ
  • 出会い系サイト
  • SNS
  • 元カレ

どの方法でも、女性の場合セックスまで誘導するのは簡単ですから、それぞれの特徴を踏まえて出会い方を選んでみましょう。

基本は相手から誘ってくることがほとんどなので、ワンナイト中に今後セフレにするかどうかの相性を見極めればOKです。

飲み会や合コン

女性だけどセフレがほしいとき、気軽にワンナイトまで到達できるのは、飲み会や合コンでの出会いです。

お酒の勢いでそのままホテルに直行できますし、相手も酔っているので、女性でも恥じらいなく誘えます。

ただし、相手がセフレでなく恋愛対象を求めて飲み会に参加している場合は、本気にされるリスクもあります。

とは言え、据え膳を食べない男性はほぼ居ないですから、女慣れしていそうな男性を選ぶとすんなりセックスできるはず。

マッチングアプリ

女性だけどセフレがほしいときには、気軽に相手が探せるマッチングアプリも便利です。

無料で使えるアプリも多く、登録している人もたくさんいるので、自分好みの男性を探せます。

プロフィールを見れば、ある程度どのような男性かわかりますし、事前にやり取りできるため安心感があります。

ちなみに、完全にセフレになるまでは、アプリ上でのやり取りのみにしておくのがおすすめです。

仮にワンナイトでセックスがいまいちだった場合にも、LINEや電話番号を教えていなければ、簡単に関係を終了できます。

出会い系サイト

女性だけどセフレがほしいとき、最もセフレを作るのが簡単なのは出会い系サイトです。

出会い系サイトには、最初からセフレ作りを目的としている男性が集うため、双方のニーズが合致するからです。

女性慣れしている人が多いので、うまく当たりを引けばかなりセックスの上手い男性に出会える場合もあります。

SNS

女性だけどセフレがほしいときには、無料で使えるSNSでの出会いが発端になるかもしれません。

たとえば、セフレ目的でなくてもSNSで繋がっている相手から、オフ会しようと声をかけられる機会もありますよね。

ただし、SNSで個別にデートを持ちかけてくる場合は、危険なトラブルに巻き込まれる恐れもあるので、慎重な判断が求められます。

正直初心者向けではないため、できるだけリスクなくセフレを探したいならば、他の方法を選んだ方が無難です。

元カレ

女性だけどセフレがほしい、でも出会いの場に行く勇気がない、そんなときは元カレが選択肢にあがるでしょう。

元カレなら体の相性がわかっていますし、一度は付き合った相手なので、再びセックスするのにもハードルがかなり低いです。

しかし、過去のこととは言え、根底に恋愛感情があるためトラブルに発展しやすく、辛い思いを繰り返すことになるかもしれません。

女性だけどセフレがほしい人が注意すべきポイント

女性だけどセフレがほしいとき、注意すべきポイントをまとめました。

ワンナイトに誘ったりセフレを作ったりするのは、女性の場合は正直言って簡単なのですが、女性ゆえのリスクもあるので注意が必要です。

身の安全を最優先

女性だけどセフレがほしいなら、絶対に身の安全を最優先してください。

たとえば、最初にデートを提案せず即セックスに誘ってくるような男性は、避妊してくれなかったり、乱暴に扱われたりするリスクもあるため要注意。

もったいなく感じるかもしれませんが、セフレを作りたい男性は山ほどいるのですから、少しでも微妙だなと感じたら次に行けば良いです。

女性によっては、異性にご飯をおごってもらえたり、デートを楽しんだりしたい場合もあるでしょうから、ニーズに合う安全な相手を探しましょう。

恋愛感情を持ち込まない

女性だけどセフレがほしいなら、恋愛感情を持ち込まない相手と割り切った関係を構築しましょう。

相手に本気にされてしまうと、思わぬトラブルに発展するリスクだけでなく、周囲にセフレの存在が身バレする恐れもあります。

恋愛は面倒だけれど性欲は発散したいから、女性だけどセフレがほしい、という人も多いでしょう。

両者ともに不特定多数とセックスしている可能性が高く、どちらかが情を持つとトラブルを起こしやすいため、体だけの関係に割り切るのがおすすめです。

女性だけどセフレがほしいのは自然なこと

今回は、女性だけどセフレがほしいときどうやって出会うか、注意すべきポイントを解説しました。

女性だけどセフレがほしいのは当然のことで、エッチしたいと思うのは決して恥ずかしいことではありません。

さらに、男性と違って女性の場合はセフレを作ること自体もかなり簡単ですが、女性ゆえに危険な目にあうリスクもあるため要注意。

女性だけどセフレがほしいときには、より安全に出会えるプラットフォームを選び、お気に入りの相手を探してみてください。

セフレ期間の目安は?一人の女性と長く関係を続けるメリット・デメリット
セフレ量産するコツを解説!誰でも簡単に色んな女の子とヤれる方法
10代のセフレを作る方法!出会い方や注意すべきポイント
セフレを複数人掛け持ちするのは簡単!メリット・デメリットも解説
女教師のセフレを作るのは簡単?出会い方や注意すべきポイント