セフレの脈ありを示すサインとは?本命かどうかの見分け方

セフレ相手の脈ありを示すサインを、まとめて紹介します。

体の関係だけのセフレなのに、最近どうも様子がおかしいと感じたら、それは脈ありということかもしれません。

本命に昇格したい人もいれば、できるだけ揉めずにお別れしたい人もいるでしょう。

そこで今回は、セフレが脈ありという代表的なサインを10個紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

セフレ募集掲示板の危険性と安全なセフレ募集の方法
大阪でセフレをつくる方法!おすすめスポットと出会い方
千葉でセフレが作れるナンパスポット!遊べるデートスポットとホテルも紹介
埼玉でセフレが見つかるナンパスポット8選

セフレの脈ありを示すサイン10選

セフレ相手が、あなたに脈ありだと示しているサインを10項目紹介します。

最近なんだか態度が違うと感じる場合は、あなたのことを本命扱いしているのかもしれません。

以下の項目に当てはまる個数が多ければ多いほど、脈ありの可能性は高くなるでしょう。

外見を褒められる

セフレの脈ありを示すサイン1つめは、外見を褒められることです。

基本的に体の関係では、相手とのセックスにしか興味がないので、わざわざセフレが着ている服装を褒めたりはしません。

初回のデートならば、ワンナイトしたいがために褒めることはありますが、それ以降はいちいち気にしていないのが正直なところ。

ですから、髪型やメイク、ファッションなどを褒めてくれる場合は、かなり脈ありの可能性が高いです。

コンスタントにやり取りする

セフレの脈ありを示すサイン2つめは、コンスタントにLINEや電話でやり取りできることです。

セフレを作る主な目的は性欲を発散することですから、セックスが伴わないメッセージや電話のやり取りは、連絡手段にしか過ぎません。

にもかかわらず、アポイントに関係のない会話や、何気ないLINEのやり取りが続く場合は、あなたに気を許しているということです。

少なくとも友人以上のポジションにはつけているので、十分に脈ありだと判断することもできます。

デート中に次の約束を取り付けてくる

セフレの脈ありを示すサイン3つめは、デート中に次の約束を取り付けてくる場合です。

気軽にセックスできる相手が欲しくてセフレを作る人が多いですから、急に連絡が来て「今日会える?」というパターンが大半ではないでしょうか。

あらかじめ予定を合わせて会おうとする人は少ないですし、ましてやデート中に次の約束を求めるということは、相当脈ありということ。

ただし、プライベートや仕事が非常に忙しい人や、既婚者の場合は先の予定が組みにくいので、このケースも十分考えられますから要注意です。

ピロータイムも優しい

セフレの脈ありを示すサイン4つめは、セックス後のピロータイムも優しい態度であることです。

男性の場合はセックス後は淡白な態度になる人も多いですし、女性であっても体だけの関係であれば、さっさと帰りたいと急に冷める人もいます。

ピロータイムも余韻に浸りながら優しい態度をとってくれる人は、2人のムードを大切にしていますから、あなたを本命扱いしている可能性が高いでしょう。

プライベートのことを聞いてくる

セフレの脈ありを示すサイン5つめは、プライベートのことを聞いてくる人です。

体だけの関係であれば、トラブルに繋がりかねないプライベートの話題は絶対にNGという人も多いです。

つまり、仕事や恋人関係などあなたのプライベートに切り込んでくるということは、かなり本命度が高いと言えます。

また、あなたに聞いてくるだけでなく自分のプライベートについて話してくる場合も、気を許している証拠なので脈ありと見て良いでしょう。

お願いを聞いてくれる

セフレの脈ありを示すサイン6つめは、ちょっとしたお願いを聞いてくれるかどうかです。

たとえば、もう少しだけ一緒に居たいとか、デート前にご飯を食べたいなどの些細なお願いでも、セフレ関係ならば面倒に思われることがあります。

完全に体だけの割り切った関係の場合は、これらのお願いは余計なコストだと感じるからです。

あなたからのお誘いに応えてくれるなど、ちょっとしたわがままを聞いてくれる人は、脈ありの可能性が高いでしょう。

キスやハグが多い

セフレの脈ありを示すサイン7つめは、キスやハグが多いことです。

特に男性の場合は、セフレに対しては挿入行為しか興味がないという極端なタイプもいます。

セックスを伴わない触れ合いは最低限という人も多いため、キスやハグなどのスキンシップが多い場合は脈ありかもしれません。

イベントの日に会える

セフレの脈ありを示すサイン8つめは、イベントの日に会えることです。

たとえば、誕生日やバレンタインデー、クリスマスや年越しなど、季節のイベントを一緒に過ごせる場合は、本命が他にいない確率が高いでしょう。

また、仮に本命がいなかったとしても、わざわざ友達や親しい人と会うのではなくあなたを選ぶということは、かなり親密な関係だという認識だからです。

好きなものを記憶している

セフレの脈ありを示すサイン9つめは、あなたの好きなものを記憶しているかどうかです。

具体的には、好物やお酒、ファッションや推しのアーティストなど、あなたが好きだと思うものを相手がよく覚えているならば、脈ありの可能性が高いです。

体の関係ならば、セックスの趣向は知っておく必要がありますが、それ以外の好みを把握しておく必要はありません。

つまり、あなたが好きなものを覚えてくれているのは、喜ぶことをしてあげたい、気に入られたいと思っているからです。

生理のときでも会える

セフレの脈ありを示すサイン10つめは、生理のときでも会えることです。

セフレなのにセックスなしで会えるということは、あなた自身に魅力を感じていて、一緒に過ごす時間が楽しいと思っているから。

この場合はほぼ脈ありと見てOKで、なおかつ体調を気づかう様子があれば確実です。

セックス抜きでも2人でいて楽しいと思えるなら、本命に昇格した場合も大切にしてもらえるかもしれません。

セフレの脈ありサインがあったらどうする?

セフレの脈ありサインがあった場合、この関係を維持したいかどうかで振る舞いも変わってきます。

そこで、セフレ相手が脈ありと思われる場合に本命に昇格したい人、もしくはお別れしたい人に分けて、どうするべきかを解説していきます。

本命になりたい人

脈ありのセフレ相手の本命になりたいならば、徐々にセックス抜きで過ごす比率を増やしてみると良いでしょう。

セックス前には食事をしたり、夜景を見に行ったりといった普通のデートを提案するのも良いですね。

本当に体だけの関係であれば、セックス以外の行為は無駄だと思っているので、脈なしなら何かと理由をつけて断ってくるはず。

ポイントとしては、セックスを拒否すると一気に関係が終わってしまうリスクもあるため、あくまで普通のデートも前後に取り入れる感じで試してみてください。

脈ありの確率がかなり高まってきたら、正直どう思っているのか、相手にずばり聞いてみても良いでしょう。

本命になりたくない人

脈ありの相手に対して、できるだけ穏便に済ませたいと思っているならば、セフレ以上の関係にはなれないと暗に示すことが大切です。

本命になりたい場合と真逆のことをすれば良いので、最低限の連絡頻度に控える、セックス以外では会わないなど、その気がないことを明確に示しましょう。

ただし、相手が本気になっている以上は、告白されて関係が終了してしまうリスクも考慮しなくてはなりません。

セフレの脈ありサインは2人の関係を変化させるきっかけ

本記事では、セフレが脈ありかどうかを示すサインを10項目挙げ、どう振る舞うべきか解説しました。

セフレが脈ありのようなサインを示していたら、複数の項目に当てはまるかどうか確認してみましょう。

脈ありの場合はセフレから本命に昇格することも可能ですが、反対に関係が終わるきっかけにもなりかねないので、少しずつ相手の出方を探ってみてください。