ワンナイトラブする方法や楽しみ方を解説!女性がお持ち帰りされたい理想の流れ

ときには、ワンナイトラブの魅力に引き寄せられる夜もありますよね。

私も過去に、一時の感情に任せてワンナイトラブを経験したことがあります。

実際、お互いに魅力を感じ合えば、ワンナイトラブを選ぶ女性も珍しくありません。

今回は、そんなワンナイトラブにおける女性の心理や、その魅力を引き出す方法について、私の経験をもとにお話しします。

女性の気持ちに寄り添いながら、一晩限りの特別な出会いを存分に楽しむ秘訣を共有します。

ワンナイトラブは、その瞬間瞬間を大切にすることで、より一層楽しめるものになります。

それが、多くの女性が感じる特別な夜の魅力です。

ワンナイトラブって具体的に何する?

ワンナイトラブは、その名の通り、一晩だけの男女の関係を意味します。

この関係は、様々な呼び方で知られており、「ワンナイト」「ワンチャン」「ワンナイ」といった俗称や、「事故」と表現されることもあります。

多くのケースでは、ナンパがきっかけで一晩を共にすることが多いです。

街角やクラブでの出会いがきっかけで、特別な一夜を過ごすこともありますし、近年では出会い系アプリを通じてワンナイトラブの相手を見つける女性も少なくありません。

また、お酒の勢いで男性の友人や同僚と親密になるケースもあり、これはまさに「事故」と称されることがあります。

女の子は正直ワンナイトラブはアリなのか?

私も正直に話すと、ワンナイトラブには前向きです。

魅力的な男性に誘われれば、簡単に心を奪われてしまうタイプかもしれません(笑)。

では、他の女性たちはワンナイトラブについてどう考えているのでしょうか。

調査によると、およそ4人に1人の割合でワンナイトラブに肯定的な女性がいるようです。

これを合コンの場に当てはめると、参加者の中には必ず何人かはワンナイトラブにオープンな女性がいるということになります。

その夜のうちに親密な関係になる可能性があるわけです。

【ワンナイトラブはアリ派】の女性心理

ワンナイトラブに肯定的な女性たちからの率直な意見を集めてみました。

多くの女性が言うには、「迷惑をかけていなければ問題ない」とのこと。

関係が後腐れなく、お互いにクリアな状況であれば、ワンナイトラブを楽しんでもいいと考える人がいます。

「彼女がいたり、奥さんがいる人以外なら問題ない」という意見もあり、その場の雰囲気に流されることもあるようです。

ワンナイトラブがもたらす独特のドキドキ感やスリルを楽しむという女性もいれば、海外での生活経験から、そのような関係に寛容な姿勢を持つ人もいます。

お互いが同意している場合には何も問題がないという考えや、女性として求められることが嬉しいと感じる方、寂しい夜に心が動かされることもあるといいます。

合コンなどで気になる相手がいれば、流れに身を任せてしまうことも、「女子にはよくある話」とのことです。

最終的には、好みの相手であれば、急な感情に流されることもあるようで、女性側の視点からは、ワンナイトラブも一つの人間関係の選択として捉えられていることが伺えます。

【ワンナイトラブはナシ派】の女性心理

ワンナイトラブに対する女性の意見を見てみると、妊娠や性病への不安から否定的な意見が多いことがわかります。

また、感情が絡まない相手と性的な関係を持つことに抵抗を感じる人もいます。

実際に一度試したものの、後に空虚感を感じたという声も聞かれます。

多くの女性が、性的な関係は本気で好きな人とのみ持つべきだと考えており、自分の身体を大切にしたいという考えを持っています。

好きな人とのみ性的な関係を持つことの重要性を強調する意見もあり、女性が男性と比べて性に慎重な姿勢をとるのは、妊娠のリスクなども考慮してのことでしょう。

私は個人的には、ワンナイトラブ全然アリ派ですが、パートナー選びは慎重にしていますよ。

ワンナイトラブ可能な女性はどこにいる?

ワンナイトラブを受け入れる立場の私ですが、身近な人とはそういった関係を持ちません。

その理由は、関係が気まずくなる可能性があることや、不本意な噂を立てられるリスクを避けたいからです。

ワンナイトラブを楽しみたい場合は、初めて会う人と、そのような出会いに適した場所で知り合うことを推奨します。

ナイトクラブ

ワンナイトラブを望む相手を探す場合、クラブはそのための理想的な場所です。

一般的に「ナンパ箱」と呼ばれるクラブには、誘いを待っている女性が多く集まります。

多くの女性が心の中で「魅力的な人がいれば、その夜を共にしたい」と考えているため、上手く見極めることができれば、ワンナイトラブへとつなげやすいです。

ただし、クラブの環境はかなり見た目が重要視されがちで、イケメンや外見に自信がある男性が有利な傾向にあります。

そのため、クラブでナンパを成功させたいなら、自分の外見を磨いてから挑戦することがおすすめです。

シーシャバーやダーツバー

また、リラックスできる良い香りが漂うシーシャバーも女性に人気のスポットです。

インスタ映えするようなおしゃれな雰囲気の中で、自然な形で口説けば、その後ホテルに誘うことも可能になります。

ダーツバーも、気軽に見知らぬ人と親しくなれる場所としておすすめです。ムードがあって、接近しやすい環境が整っていますよ。

私もこれらの場所でワンナイトした経験が何度もありますし、成功率もかなり高めなのでおすすめ。

ハプニングバー

ハプニングバーは、さまざまな性的趣向を持つ男女が集まるスポットで、ワンナイトラブも簡単にできる場所です。

ここでは、バーで一緒にお酒をたしなんだ後、合意であればハプニング(プレイ)が発生する部屋に進むという流れ。

ただしハプバーは、かなりお金がかかりますし、厳格なルールが存在します。上級者向けの出会いの場と言えるでしょう。

出会い喫茶(カフェ)

ワンナイトラブを迅速に実現したい場合、出会いカフェを検討するのはいかがでしょうか。

支払いを済ませれば、面倒な口説きのプロセスを省略して、直接ワンナイトラブという目的を達成できます。

関係が一夜限りで終わるため、後々の煩わしさがない点も大きな利点ですから、さくっとセックスできます。

出会い系のアプリ

「直接のアプローチが苦手」そう思うなら、インターネットを活用したナンパを試してみてはどうでしょうか。

特に、ワンナイトラブを目的としている場合、恋愛向けのアプリよりも出会い系サイトの利用をお勧めします。

遊びを求めている女性が多く登録しているため、ワンナイトを望む相手を見つけやすいです。

即時に会えることを好む女性や、注目を浴びたいと願う女性を探すことがポイントです。

こうした相手を選ぶことで、ワンナイトラブへとつながる確率はぐっと上がります。

ワンナイトセックスを確実に成功させるコツとテクニック

ここからは、数々のワンナイトを経験してきた私が、クラブなどで出会った相手とワンナイトするステップを紹介します。

具体的なコツも解説するので、ぜひ試せそうなものにチャレンジしてみてください。

ムードのよい店を選ぼう

デートの初回は、雰囲気の良いレストランで食事を楽しむことから始めてみましょう。

雰囲気が良いとされるレストランとは、照明が控えめで落ち着いたBGMが流れる空間、プライバシーが守られる個室や半個室、またはカウンター席があることが特徴です。

お洒落なカクテルを提供している場所も魅力的です。

このような場所では、相手をより魅力的に感じさせる効果があります。

雰囲気の良い場所を一つ選べば、その日のデートはその一軒だけで十分満足できるかもしれません。

下心をうまく隠し、トークで楽しませて好感度UP

女性の場合、ただの性的欲求だけではワンナイトに至ることは少ないものです。

相手に対して「この人は素敵だ」と感じることができ、ある程度の好意を持っていなければ、心から関係を楽しむことが難しいです。

そのため、デートの初めから直接的にアプローチをするのは避け、まずは会話を楽しむことに集中しましょう。

自分のことばかりを話すのではなく、相手の話に耳を傾けることで、女性からの好感度を高めてワンナイトしやすくなります。

ワンナイト前の定型的なやり取りを攻略してホテルへ

正直なところ、ワンナイトの関係に前向きでも、多くの女性は最初は拒否するものです。

私自身も、軽率に見られたくない一心で、最初は拒絶した経験があります。

この行動はある種、慣習的なもので、最初に断られても、再度の誘いを期待している場合があります。

このような形式的な交渉、いわば定型的なやりとりがあれば、それは逆にチャンスと見ることができます。

例えば、翌日の朝に予定があるとか、スケジュールが合わないという具体的な理由で断られた場合は、可能性が低いと考えられます。

しかし、それ以外の理由であって、相手があなたの反応を伺っているようであれば、関係を進展させる可能性は高いと言えます。

ラブホまでの導線を引いておく

私の体験からも言えることですが、ワンナイトの後に後悔を感じたことがあります。

特に、新宿の片隅にある狭くてあまり清潔ではないホテルに連れて行かれた時のことです。

良質なホテルが満室で、やむを得ず選んだ場所が非常に不快でした。

狭い部屋で過ごすワンナイトは楽しくもなければ、価値ある時間を無駄にしてしまう最悪の経験になります。

快適にワンナイトを楽しみたい場合、男性は事前に質の良いラブホテルを調査しておくべきです。

また、移動にタクシーを利用することで、ストレスなくスムーズに目的地に着くことができ、より楽しい時間を過ごすことが可能です。

ワンナイトラブで注意すべきポイント

ワンナイトラブはとっても非日常感があって最高にスリルがあるものですが、いくつか気を付けたいポイントもあります。

特に、男性の場合はハニトラにハマる可能性もあるので、以下の事項に注意してワンナイトを楽しんでください。

未成年とは絶対しないこと

たとえ出会いの場がシーシャバーなどであったとしても、相手が成人女性かどうか見極めるのは困難です。

メイクしていれば大人っぽい子も居ますし、年齢制限の緩い場所ならば、セックス目的で潜り抜けてしまっていることもあります。

もし、話していて違和感を抱いたり、なにか合わない感じがあったりしたら、未成年であるかもしれません。

未成年に対する性行為は、たとえお互いの合意があっても法的にはNG。

こういったリスクを避けるためにも、怪しい案件には近寄らないのが吉ですね。

酔わせて無理に行為するのはNG

2023年のトピックとして、不同意のセックスはより厳密に法に問われることになりました。

具体的には、相手を酔わせてそういう行為に及ぶと、仮に酔っていて相手が「不同意」であった場合や、「こんなはずではなかった」と思われたときに法に抵触してしまいます。

無理やりするのはもちろんNG。2人ともが満足できるような流れで、ワンナイトに持ち込むことを心がけてくださいね。

ワンナイトラブしたい女子は結構多い

この記事では、女性の視点から正直にワンナイトラブについて、どのような相手や状況であれば受け入れることができるのか、自身の経験をもとに語ってきました。

ワンナイトラブに前向きな女性は全体の中では少数派かもしれませんが、実際には一定数存在しているので、セックスに持ち込むことは十分可能です。

適切な雰囲気作りと上手な口説き方によって、双方が満足する特別な夜を過ごすことが可能です。

しかし、ワンナイトラブを実現するためには、事前の準備やリサーチが欠かせません。

この記事が、女性の心理を理解し、上手にワンナイトラブへと誘うためのヒントとなれば幸いです。