セフレと会う頻度のベストは?メリットとデメリットや本命になるコツ

多くの人が疑問に思うのが、セフレとどれくらいの頻度で会えば良いのかという点です。

この記事では、セフレとの関係を良好に維持するために適した会う頻度や、会う回数が多い場合の利点と欠点、さらには本命へと関係を進展させる方法について説明します。

適切な頻度での交流が、どのように関係を左右するのか、そのバランスについてはしばしば悩ましいものがあります。

この記事では、セフレとの理想的な会う頻度と、頻繁に会うことの利点と可能性のある問題点を解説し、更にはセフレから本命へと関係を深めるためのアプローチも提案しています。

セフレに会う頻度の最適解と理由【状況別】

セフレとの適切な会う頻度は、双方の関係性やそれぞれの状況に応じて異なります。

関係の質や双方の生活スタイルに合わせた会う頻度を見極めることが重要です。

どちらも特定のパートナーがいないとき

セフレ関係では、お互いにパートナーがいない場合、会う頻度については非常に柔軟に決められます。

毎日のように会うことでも、数カ月に一度の会合でも問題ありません。

このような関係のメリットは、性的な欲求が高まった時に相手と会える自由度が高いことにあります。

しかし、頻繁に性行為をすることで、関係がマンネリ化してしまうリスクも考慮する必要があります。

頻繁に会う場合は、デートの場所を変えたり、性的なプレイのバリエーションを増やすなど、新鮮さを保つ工夫が大切です。

どちらか・または両者にパートナーがいるとき

パートナーがいる場合、セフレとの関係は本命の関係を優先しなければなりません。

この状況では、セフレとは比較的低い頻度でのデートを推奨します。

例えば、一カ月に一度や数カ月に一度会う程度が適切であると考えられます。

このような頻度ならば、本命のパートナーとの関係を維持しつつ、セフレとの関係も持続させることが可能です。

重要なのは、全ての関係においてバランスを取り配慮することです。

友人同士のとき

友達同士でセフレ関係になった場合、頻繁に会うと共通の知人に関係が知られてしまうリスクがあります。

月に1回程度の会合が、周囲との関係を保ちつつ関係を続ける上での一つの目安になるでしょう。

セフレと会う頻度を高くするメリット

セフレと会う理想的な頻度は、お互いの関係性に大きく左右されます。

頻繁に会うことがお互いにとってメリットをもたらす場合もあります。

性欲に困らない

セフレと頻繁に会うことの一つの利点は、性的欲求を充足できる点にあります。

特に性欲が強く、一つのパートナーシップだけでは満足できない人にとって、セフレとの関係は性欲を満たす有効な手段となり得ます。

セフレとの頻繁な交流を通じて、セックスの機会を増やし、性的な満足を得ることが可能です。

ストレスを発散できる

セフレとの気軽な関係は、ストレス解消に役立つ場合があります。

本命のパートナーといる時は、自分を良く見せようとして無意識に振る舞いを調整してしまうことがあるでしょう。

しかし、割り切った関係のセフレとは、そういった気遣いを必要とせず、自然体でいられるため、心の負担が軽くなります。

セックスをストレス発散の一つの方法と捉える人にとっては、セフレと頻繁に会うことは、精神的なリフレッシュに繋がるメリットと言えるでしょう。

寂しさが緩和される

セフレと頻繁に会う大きなメリットの一つは、孤独感や寂しさを軽減できることです。

一人でいる時の寂しさや人肌の温もりが恋しくなる瞬間に、手軽に連絡を取り合って会えるセフレの存在は心の支えとなります。

互いの肌を触れ合わせることで、精神的な満足感を得ることができ、これが寂しさを紛らわす効果をもたらします。

セフレと会う頻度を多くするデメリット

セフレと会う頻度を多くすると、逆にデメリットが生じることも考えられます。

自宅以外でセックスするとコストUP

セフレと頻繁に会う場合のデメリットの一つとして、経済的な負担が増える点が挙げられます。

特に、自宅以外での関係を持つ際には、ホテルの利用が必要となりますが、その都度費用が発生するため、財布に優しくありません。

さらに、その費用をどちらが負担するのか、または割り勘にするかという問題も生じる可能性があります。

このような出費は、頻繁に会うほどに積み重なり、経済的な悩みの原因となることがあります。

本命の相手にバレるリスク

パートナーがいる状態で別にセフレを持つ場合、セフレと頻繁に会うことでパートナーに関係が発覚するリスクも高まります。

たとえパートナーと別れを考えていても、その過程を円満に進めたい場合、セフレの存在が問題となる可能性があります。

恋愛感情を持つとつらくなる可能性も

また、割り切った関係であっても、会う頻度が高くなると、どちらか一方が恋愛感情を抱いてしまうリスクも考慮する必要があります。

相手にそのような意図がない場合、自分だけが本命になりたいという気持ちを抱えることで、関係を苦しく感じることもあるでしょう。

セフレ関係を続ける上で、これらの点をしっかりと考慮することが重要です。

セフレから本命になるのにベストな会う頻度とコツ

また、セフレの関係であっても、一方がもう一方に深い好意を抱くことがあり、そのような状況では、恋人関係へと発展する可能性について考え始めるかもしれません。

セフレから恋人へと関係を発展させるためのアドバイスも、詳しくご紹介していきたいと思います。

会う頻度を少し増やして様子見

現在、数カ月に1度程度の頻度で会っている場合、徐々に会う回数を増やしてみることが一つの手段です。その際には、自分の魅力をしっかりとアピールすることが重要です。

回数を重ねるごとに、相手の反応を細かく観察し、脈があるかどうかを見極めましょう。

相手からの好意的な反応が見られたら、そのサインを基に積極的にアプローチを試みると良いでしょう。

プライベートの話題を出してみる

また、これまでセックス中心の関係であった場合は、徐々にお互いのプライベートについての話題を増やしてみることも一つの手段です。

自分のことばかり話すのではなく、相手の話にも耳を傾けることが大切で、相手の話を真剣に聞くことで、男性は特にその女性に魅力を感じることが多いです。

相手があなたの個人的な話題に関心を示し始めたら、関係がより深まっていく可能性が高まります。

駆け引きで相手の出方を見る

もし自分が相手にとって都合の良いセフレという位置づけになってしまっていると感じたら、関係に変化を与えるための恋愛駆け引きを試みることも一つの方法です。

例えば、これまで相手からの連絡に即座に返信していた場合は、返信を少し遅らせてみることや、相手からの会いたいという申し出を時には断ってみるなど、行動に変化を持たせることが効果的です。

このような変化によって、相手のあなたへの関心を再び引き出すことができるかもしれません。

ただし、相手からの関心が完全にない状態で過度な駆け引きをしてしまうと、関係が終わるリスクもあるため、慎重な判断が必要です。

セフレと会う頻度は2人の関係づくりに影響大

セフレとの関係性において、会う頻度はお互いの関係を健全に維持するために非常に重要な要素です。

関係を割り切って続けるか、より深い関係を目指すかにかかわらず、適切な距離感を保つことが大切です。

適正な距離感や会う頻度は、双方のライフスタイルや現在の関係性によって異なりますので、細心の注意を払う必要があります。

今回ご紹介したアドバイスを参考に、自分たちの関係性を再評価してみてください。