セフレを複数人掛け持ちするのは簡単!メリット・デメリットも解説

実は、男性がセフレを複数人掛け持ちするのは、意外に簡単なんです。

セフレが複数人いれば、いつでも好きな時にセックスできますし、相手にも飽きないので最高ですよ。

しかし、複数人のセフレをみんな満足させてあげるためには、注意しておきたいポイントもあります。

本記事では、複数人のセフレを掛け持ちするコツやメリット・デメリットをまとめて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

セフレのデメリットとは?男にとってメリットだけではない理由とは
キスフレが欲しい男性に作り方を伝授!メリット・デメリットや注意点も解説
キスフレからセフレに発展させる方法!女の子を沼らせるコツを解説
セフレをすぐ作る方法!簡単かつ効率的なセックスフレンドの作り方
マッチングアプリで性病うつされたら怖すぎる!回避するには?

セフレを複数人掛け持ちするコツ

セフレを複数人掛け持ちするのは、コツさえ押さえれば簡単です。

具体的には、以下のポイントを踏まえつつ、少しずつテイストの違う女の子をセフレにしてみてください。

会えるタイミングが違う女性を選ぶ

セフレを複数人掛け持ちするときには、会えるタイミングが違う女性を揃えるのが鉄則です。

たとえば、土日に会えるOLや、平日の昼間に会いやすい主婦、平日の夜に休みが被りがちな接客業などジャンルを分けてセフレを作りましょう。

いつでもセックスできるようにするには、違うタイミングで会える女性を揃えるのが効率的ですし、チャンスを無駄にしにくいです。

女性の毎月来る「アレ」と被ったらどっちにしろセックスできないので、セフレは多いに越したことはありません。

違うプラットフォームで出会う

セフレを複数人掛け持ちするときには、極力違うプラットフォームで出会った女性と関係を持つのがおすすめです。

後述しますが、セフレの人数が増えてくると管理も大変になるため、連絡誤りなどのポカミスで大切な女性を失いかねません。

また、出会い系サイトやマッチングアプリなど、同じプラットフォームばかり使うと似たような女性が集まりがちです。

若い系・既婚者系などと出会いの場を使い分ければ、マンネリを防ぎやすく、より新鮮な気持ちでセックスを楽しめます。

生活圏から離れた場所でデートする

セフレを複数人掛け持ちするときには、自分の生活圏からできるだけ離れたところでデートしましょう。

身近な場所で会っていると、うっかり移動中に本命に出くわしたり、セフレ同士で偶然目撃されてしまったりというリスクが出てきます。

可能であれば、生活圏の違う女性たちをセフレにして、それぞれの住んでいる地域で会うようにすれば管理も簡単です。

セフレ関係が円満に終われば良いのですが、揉めたりトラブルになった場合は関係解消後でもバラされるリスクがあるため、適度な距離であるのに越したことはありません。

セフレを複数人掛け持ちするメリット

セフレを複数人掛け持ちするメリットはたくさんあります。

好みのセフレが複数人いれば、マンネリを防いで長く楽しめますし、好きなときにいつでもセックスできます。

いつでもセックスできる

セフレが複数人いれば、ヤりたいと思ったときにいつでもセックスできます。

仕事で疲れているときや、急に暇になった日など、男なら急にムラムラして止まらなくなるときがあります。

そんなとき、セフレのストックが1人しかいなければ、泣く泣く断念せざるを得ません。

セフレを複数人作っておけば、いつでもセックスできる女性がいるという安心感があります。

女性の扱いがうまくなる

セフレが複数人いれば、セックスの経験回数が増えるのはもちろん、さまざまな性格の人を相手にするので女性の扱いがうまくなります。

すると、大抵の女性は実力で落とせるようになるため、異性関係に困ることがなく、自分に自信も持てることでしょう。

強いて言うならば、女性を見る目が肥えていくというデメリットはあるかもしれません。

面倒になったら関係終了できる

セフレが複数人いれば、面倒ごとに発展した場合でも他にストックがいますから、簡単に関係を終了できます。

セフレから恋愛感情を抱く女性は一定数いるもので、あなたが魅力的な男性ならば、なおさら自力で避けられることではありません。

セフレがその子一人だけならば、切るのはもったいないと感じるかもしれませんが、損切りが遅れた場合は大きなトラブルに発展するリスクも。

特に、既婚者や本命の彼女がいる場合は、いつでもセフレと関係終了できる心の余裕を持っておくのがスマートです。

セフレを複数人掛け持ちするデメリット

一方で、セフレを複数人掛け持ちするデメリットもあります。

特に、自分でさばける人数に自信が無い場合は、少しずつセフレの数を増やしていくのがおすすめです。

誰のことか判別できずミスする

セフレを複数人一気に掛け持ちすると、誰が誰の事なのかわからなくなり、ポカミスすることが増えてきます。

具体的には、名前を呼び間違えたり、連絡先を誤ったりという初歩的ミスにより、セフレのストックを失いかねません。

セフレを複数人作るときは、一人ずつ慎重に人数を増やし、自分で管理できる範囲内をキープするようにしましょう。

体力的に構いきれない

セフレを複数人掛け持ちする場合、女性からのおねだりが多ければ体力的に構いきれなくなることもあります。

嬉しい悲鳴ですが、セフレ関係が成り立ったあとは女性からデートのお誘いを受けることも増えてくるため、自分のリソースを把握しておく必要があります。

淡白なセックスだと、飽きられてセフレ関係を終了されてしまうリスクもあるため、全員を満足させられるように体力づくりにも励みたいところです。

性病に感染するリスク

複数人のセフレを相手にする場合、最も不安になるのが性病に感染するリスクでしょう。

もちろん、セフレに限ったことではなく、風俗や本命相手であってもセックスするうえで性病の感染リスクはつきものです。

回避するには、コンドームをつけて避妊すること、そして極力たくさんの異性と遊んでいなさそうな女性を選んでセフレにするのがおすすめです。

セフレを複数人掛け持ちするときの注意点

セフレを複数人掛け持ちする場合は、以下のポイントに注意してみてください。

  • 連絡手段を分ける
  • 必要以上に情報を与えない
  • 他の女性の影を悟らせない

複数人のセフレを持ったときの管理能力に自信が無ければ、連絡手段を女性ごとに分けてみましょう。

たとえば、優先順位が高い女性はLINEで、他の女性は出会い系プラットフォーム上など、やり取りするツールを固定すれば相手を間違えにくいです。

また、身バレやトラブルを防ぐために、必要以上に自分の個人情報を語らないのも大切なことです。

個人的な話をすると、頼られていると勘違いして本気の恋愛に発展しやすいですし、こじれたときのリスクも高まるため、無難な会話を心がけてください。

最後に、セフレには他の女性の影を絶対に悟らせないことが大切です。

セフレの中には、自分以外の女性と関係を持つことを許せないタイプの人もいるため、普段から余計な火種をまかないように注意しましょう。

セフレが複数人いればセックスに困らない

本記事では、セフレを複数人作るコツやメリット・デメリット・掛け持ちするときの注意点について解説しました。

セフレを複数人作るのは意外に簡単で、自分で管理できる上限にさえ気をつければ、さまざまな女性と新鮮な気持ちでセックスを楽しめます。

男性にとって、ヤりたいときにいつでもセックスできるというのは、本当にストレスフリーで最高ですよ。

まずは一人ずつセフレの数を増やし、ぜひ複数人の女性と濃厚な時間を楽しんでみてください。