セフレと会話するのはアリ?連絡頻度や気を付けるべきポイントを解説

あなたは、セフレと情事以外で普通に会話するのはアリだと思いますか?

余計な会話は要らない派、トークも楽しみたい派に分かれるのではないでしょうか。

セフレとの会話をマスターすれば、面倒ごとを避けるのも上手くなりますし、より濃密な時間を過ごすことも可能です。

今回は、セフレとの会話ネタや適切な連絡頻度、うまく関係を続けるコツをまとめて解説します。

30代の女性とセフレ関係を築く究極ガイド:出会い系アプリでの成功の秘訣

セフレとの会話は女性が盛り上がるネタを選ぶ

セフレと会話するときには、プライベートな話題を避けて、お互いの気持ちを高めるようなネタを話すのがおすすめです。

これは、セフレとあまり会話したくない人、積極的に話したい人のどちらでも共通して言えることです。

具体的には、以下のような会話を心がけると、気分も盛り上がりますし不毛なやり取りを避けられるでしょう。

会話ネタ1:性癖やプレイ

セフレとの会話で最もポジティブな内容といえば、お互いの性癖や好みのプレイスタイルです。

そもそもセフレとは性的欲求を解消するための関係なのですから、夜の満足度が高くなれば双方にメリットがあります。

会話したまま、盛り上がった気分で始められるのも良いですし、お互いの好みに合わせて新しいプレイを試せるのも新鮮で楽しいです。

セフレを作る時点で、男女どちらも性欲が有り余っているはずなので、性的な会話は鉄板ネタと言えるでしょう。

会話ネタ2:相手を褒める

セフレ相手が話し好きなタイプなのに、自分は乗り気では無い時は、基本は相手を褒める会話がおすすめです。

服装や下着、身体の相性、ルックスや性格など、気が付いたことを肯定して褒めてあげましょう。

話すのが面倒で適当にあしらっていると、相手が会話好きな女性の場合、セフレ関係自体を解消されてしまう可能性もあります。

男性が自分のプライベートな会話をしたくないときにも、相手メインで会話を進められるため、話の主導権が握れて安心です。

会話ネタ3:次の約束やアポ取り

セフレとの会話で必ずチェックしておきたいのが、関係を続ける意思があるか、お互いにいつ会うのが合理的かということです。

曜日や時間帯など、次回の約束や連絡しやすい時間帯をデート中にあらかじめ整合しておくと効率的でしょう。

特に、お互いに本命や本妻がいる場合は、デート以外の時間に余計なやり取りを増やして、トラブルを招くリスクは減らしておきたいところ。

具体的にセックス可能なタイミングを整合することで、恋愛関係に発展するなど、相手に余計な期待を持たせるリスクも回避できます。

セフレとの会話で気を付けるポイント

セフレとの会話で気を付けるべきポイントを解説します。

お互いに大人の関係を楽しむには、スマートかつプライベートに立ち入らない会話を心がけましょう。

気軽に楽しめる話題を選ぶ

セフレとの会話で気を付けたいポイントとしては、お互いが気軽に楽しめる話題を選ぶことです。

セックスを楽しみたくて会っているのに、気を使ったやり取りをするなんて不毛ではありませんか?

具体的には、仕事のことや人間関係の悩みなど、マイナス感情が発生しやすいトークテーマは避けましょう。

性欲解消どころか、ストレスが溜まるようなセフレ関係はいずれにせよ長続きしません。

自分の事は話さない

セフレとの会話で身バレを防ぐには、とにかくプライベートな話題を避けることです。

パーソナルな会話に発展しそうであれば、聞かれたくない話題をはっきり嫌だと線引きする勇気も必要です。

ストレス発散のために、自分から話を聞いてほしいときは別ですが、基本は相手に個人情報を握られることはリスクだと考えておきましょう。

あまりにオープンな関係になると、純粋に恋愛感情を持たれてしまう危険もあるため、割り切った関係を続けたいならば一線を引いておくことが重要です。

連絡頻度はほどほどに

セフレとの会話で、相手に余計な期待を抱かせたくないならば、連絡頻度はほどほどに抑えることが大切です。

どちらかといえば女性のほうが恋愛脳なので、セフレで始まった関係であっても、あなたとの夜が忘れられずに本命扱いされるリスクがあります。

常日頃からこまめに連絡をとっていると、最初はその気がなくても、だんだんと本命彼氏のように錯覚してしまうかもしれません。

たとえば「夜しか連絡しない」「すぐに返信できない」など、あらかじめ連絡頻度に関しては断りを入れておくのも効果的です。

セフレとの会話をマスターすればお互いの満足度があがる

本記事では、セフレとの会話のコツや、気を付けるべきポイントを解説しました。

セフレとの会話が面倒な人、積極的に話したい人のどちらも、ちょっとしたコツを抑えるだけで2人の時間がより濃密になります。

ただし会話ネタをミスすると、無駄に恋愛に発展したり、プライベートが侵害されたりするリスクも出てくるため注意が必要です。

セフレと会話するときは不毛なやり取りや楽しくない話題は避けて、ぜひ開放的な夜を楽しんでみてください。