セフレ期間の目安は?一人の女性と長く関係を続けるメリット・デメリット

セフレ期間の目安や、関係が長引いたときのメリット・デメリットをまとめました。

セフレ期間が長くなればなるほど、相手との親密度が増し、濃厚なセックスを心ゆくまで楽しめるようになります。

しかしセフレ期間が長ければ、身バレのリスクが高まったり、本気の恋愛に発展されたりというデメリットも当然出てきます。

そこで今回は、一人の女性と長くセフレ期間を続けるのは、男性的に正直どうなのか解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

セフレ期間の目安はどれくらい?

セフレ期間の目安は人によって異なりますが、一般的には数ヶ月程度という男性が多い傾向です。

中には、たった1~2ヶ月でセフレ期間を終える人もいれば、数年にわたって関係を持つ場合もあります。

そもそも、セフレは恋人よりも稀薄かつ気軽な関係ですよね。

いったん会わなくなったかと思えば、またセフレ期間が復活するというケースも多々あります。

セフレ期間の長さは、男性の性格的に女性への安心感を重視するか、刺激を求めるかなどの、性的趣向によっても大きく左右されます。

また、セフレ期間は長ければ長いほど良いという性質でもなく、長引くゆえのメリット・デメリットの両方があるものです。

セフレ期間が長いときのメリット

セフレ期間が長いときのメリットをまとめました。

セフレ期間が長ければ、新しい女性を探すための時間をセックスに効率良く使えますし、気心知れた相手と好きなだけ濃厚な時間を過ごせます。

干渉のない友人・恋人ポジション

セフレ期間が長ければ、お互いの関係性がより親密になり、友人や恋人のようなポジションに変わることもあります。

セフレという性質上、余計な詮索や干渉を受けませんから、同僚には言えない仕事の悩みや友人には話せないプライベートな相談も打ち明けられるでしょう。

相手への気兼ねなく、日常生活のさまざまな事柄を相談できるポジションというのは、とても稀有な存在です。

セフレ期間が長くなると、セックスを楽しむだけでなく、気軽な相談相手になるというメリットがあるでしょう。

セックスの好みを熟知

セフレ期間が長くなれば、それだけ体を重ねる回数も増えますから、お互いの好みを熟知してくるでしょう。

そのため、より濃厚なセックスが楽しめたり、新しい行為を試したりと、存分にセフレ関係を堪能できるはず。

セックス目的である以上、体の相性が良くなければセフレ期間は絶対に長く続きません。

相性がよい相手であれば、本命には頼みにくいようなことも大胆におねだりできるようになるかもしれません。

新しい女性を探す手間が省ける

セフレ期間が長くなれば、常に固定の相手がいるので、その分新しい女性を探す手間が省けます。

新しくセフレを作るときは、出会いを増やして好みの女性を探し、セックスにこぎつけた後も継続して会える関係性を構築しなければなりません。

時間も手間も、コストもかかりますし、必ずしも良い相手に出会えるとも限らないため、面倒に感じる男性も多いでしょう。

一人の女性と長くセフレ期間が続けば、その間は上記のような手間がかかりません。

セフレ期間が長いときのデメリット

セフレ期間が長くなればなるほど、生じやすくなるデメリットもあります。

セックス前提の希薄な関係だからこそ、飽きやすくマンネリしやすいのは、セフレを作るうえで永遠の課題でもあるでしょう。

相手に飽きる

セフレ期間が長くなると、シンプルに相手の女性やセックスに飽きてしまいがちです。

そもそもセフレは刺激を求めるからこその関係なので、セックスが淡白になってしまえば自然と終了しやすくなります。

気の乗らない相手とセックスするために、わざわざ時間やコストをかけて会うことは不毛と感じることでしょう。

ただし本気の恋愛や婚姻関係と比べて、気楽に関係を解消できるというのはメリットでもありますから、飽きたらまた新しい相手を探せばOKです。

恋愛感情を抱かれる

セフレ期間が長くなると、それだけ一緒に過ごす時間も増えるため、女性から恋愛感情を抱かれやすくなります。

同じ相手に繰り返し会えば会うほど、自然と惹かれやすくなることを単純接触効果と言いますが、これはセックスだけの目的であっても同様です。

あなたが、本命候補を探すために不特定多数とセフレ関係を結んでいるならば別ですが、多くの場合が大人の遊びでしかないはず。

セフレのつもりが本気にされてしまったというトラブルの事例は、残念ながら後を絶ちません。

本命にバレやすくなる

セフレ期間が長くなると、女性の扱いにも慣れて気が抜けてくるので、本命または本妻にバレやすい危険なタイミングでもあります。

たとえば、最初はマッチングアプリやプラットフォーム上でやり取りしていたのが、直接LINEなどで連絡を取るようになるため、誤送信などのリスクは上がります。

相手にのめり込んで、セックスしたいがために頻繁にやり取りするようになれば、本命と一緒にいるときもスマホばかり触るようになり怪しまれやすいです。

慣れるとともに気の緩みが起こりやすいため、セックスの新鮮さを保つためにも、定期的にセフレを一新するのは有効でしょう。

セフレ期間が長引いた相手と関係を終わらせるには

セフレ期間が長くなり過ぎたと感じた場合は、円満に関係を終わらせることも考えなくてはなりません。

セフレ期間が長くなると、相手があなたに相当入れ込んでいる可能性も考えられますから、極力刺激を与えずに関係を終了できるような工夫をしましょう。

自然消滅する

最も相手への刺激なくセフレ関係を終了できるのは、やはり自然消滅という形でしょう。

たとえ特別な感情が無いセフレであっても、はっきりと人間関係の終了を告げられては、不満を抱かない人のほうが少ないです。

セフレ関係が、なんとなく流れのままスタートした場合には、特に有効な手段です。

だんだんと連絡する頻度を少なくしていき、督促されても何かと都合をつけてのらりくらりとかわします。

ちなみに、セフレ関係に慣れている女性ならば、だいたいは連絡頻度が減った段階で空気を読んでくれます。

環境の変化を理由にする

セフレ期間が長引き、どうやら自然消滅できそうにないなと判断した場合は、環境の変化など有無を言わせない理由で関係を終了します。

間違っても「相性が合わない」とか、「セックスに飽きた」など、女性の人格を否定するような発言は避けましょう。

自然に終了できない時点で、相手があなたに対して何かしらの感情を抱いている可能性が高いため、取り扱いを誤ればトラブルに発展するリスクが高いです。

たとえば「部署異動で忙しくなり都合がつかない」など仕事を理由にしたり、「引っ越すため以前よりもすぐに会えない」など、距離的な事情を使うのがおすすめです。

断る理由としては、女性側の頑張りではどうにもならない理由を挙げるのが、うまく関係を終わらせるポイントです。

セフレ期間が長くなるとデメリットが増えてくる

本記事では、セフレ期間は一般的にどれくらいなのか、期間が長くなるメリット・デメリットについて解説しました。

セフレ期間は、男女間の好みや会う頻度にもよりますが、一般的には数ヶ月程度で終了する男性が多い傾向です。

もちろん、年単位で特定の女性と濃厚なセックスを楽しむ男性もいますが、期間が長引けばそれだけトラブルに発展するリスクは高まります。

マンネリしてきた場合は適当なところで折り合いをつけて、男女間のトラブルに発展する前に、新しい女性との出会いを探すのが賢いやり方かもしれません。