Tinderにはやれる女が多いのにやれない理由!ワンナイトできたのか実体験を暴露!【やりたい男は必読】

  • 5月 10, 2024
  • sfre

「Tinderを利用するとワンナイトできるのか?」という期待は多くの男性が持っていますよね。

実際に、Tinderは気軽に新しい出会いを求めることができるアプリとして広く知られています。

しかし、その成功率は利用者の魅力によって大きく異なり、正直イケメンでなければかなり難易度は高いです。

はっきり言ってしまうと、Tinderで簡単にやれる出会いを見つけることはできません。

特に見た目が平均的な男性は、女と出会ってやるにはかなりの努力と戦略が求められます。

今回は、僕が実際にネットで51人以上と出会い、ワンナイトを経験してきた中から、Tinderでの挑戦がなぜ難しいのか、その実態についてお話します。

さらに、Tinderよりも成功率が高いとされる無料アプリについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【気持ちが止められない】既婚者が恋愛してしまう理由や深層心理
Tinderに美人局が本当にいる!見分け方や対策・リアルな体験談を解説
彼女がいるけど遊びたい!我慢しなくてもOKな禁断の遊び方を伝授
ヤリチンになりたい!羨ましいヤリチンになる方法・なり方は意外に簡単
セフレはSNSで作れる!最も効率よくSNSでセフレを量産する裏ワザとは?

Tinderは実際会えたらワンナイトできる可能性が高く、事実やれた人もいる

Tinderは、特にワンナイトやセフレを探している女性が比較的多いことで知られています。

このため、会いさえすれば、セックスできる可能性が他のアプリよりも高いとされています。

実際、他の出会いの場で知り合った女性にアプリ利用状況を尋ねると、多くがTinderを使用していると答えてくれます。

この事実は、他のマッチングアプリに比べて、Tinderには遊び目的で利用している女性が多いことを示していますよね。

しかし、当然ながら全てのTinderユーザーがワンナイトを求めているわけではありません。

中には真剣な出会いを求め、将来のパートナーや恋人を探している女性もいるのです。

そのため、「Tinderの女性は全員気軽に関係を持てる」と考えると、予想外のトラブルに発展することもあります。

さらに、たとえ目的が一致したとしても、直接自宅やホテルへ行くことは少なく、通常はまずは食事などを共にする余計な工程が多いです。

このように、Tinderを利用することで出会いのチャンスは増えるかもしれませんが、効率的にワンナイトできるかというと違うのがわかると思います。

Tinderはやれる女が多い!でも会うまでが大変すぎてワンナイトのハードル高め

ただし、Tinderを使って女性と実際に会うのは、思ったより大変なんです。

会えばうまくいくことが多いかもしれませんが、そもそも会う約束をするまでがなかなか難しいんですよ。

この困難さには、主に4つの理由があるので、これからその理由を一つずつ見ていきましょう。

無料で使えるのでライバルの男性が多すぎ

Tinderでなかなか成功しない一つの理由は、そのプラットフォームに男性ユーザーが非常に多いことにあります。

これは、他のマッチングアプリとは異なり、Tinderが無料で広い機能を有しているからです。

私自身、Pairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)など他のマッチングアプリも試してみました。

これらのアプリも登録は無料ですが、実際にメッセージを交換するには課金が必要です。

そのため、無料で気軽に女性と出会うことはほぼ不可能です。

他のアプリも同じく、男性はメッセージを送るためにはお金を支払う必要があります。

一方で、Tinderでは無料で多くの「いいね!」を送ることができ、メッセージの交換も制限なく行えます。

これを聞くと、Tinderは素晴らしいアプリのように感じるかもしれません。

しかし、無料で簡単に出会いが見つかると考える男性は多いので、競争が非常に激しくなります。

これは釣りに例えるとわかりやすいでしょう。

ある釣り人が誰も知らない魚のたくさんいる場所を見つけたとします。

最初は自由にたくさんの魚を釣ることができるでしょう。

しかし、その場所が徐々に知られるようになると、多くの釣り人が集まり、競争が激しくなります。

結果として、誰もが思うほど魚を釣ることができなくなるのです。

同じように、多くの男性が「無料で簡単にワンナイトできるかも」と期待してTinderに殺到するため、競争が激しく、今はなかなかうまくいかないのが現実です。

男性が無差別に女性へ「いいね」周りしている

Tinderでうまくいかない二つ目の理由は、男性が無差別に「いいね」を送り過ぎることにあります。

Tinderのシステムはシンプルで、女性会員のプロフィールが次々に表示され、「いいね」が気に入れば送ることができます。

送った「いいね」は相手に通知され、相手もあなたのプロフィールを気に入れば「いいね」を返して、これがマッチングとなります。

初めてTinderを使う男性は、慎重に「いいね」を送るかもしれませんが、なかなかマッチングしないと気づくと、戦略を変えます。

「数を打てば当たる」という考えで、相手のプロフィールをほとんど見ずに「いいね」を連打するようになります。

経験を積んだ男性の中には、この方法で効率よく「いいね」を増やすために専用のツールを使って自動で「いいね」を送る人もいます。

この結果、女性会員は無数の「いいね」を受け取ることになり、その中から気に入った男性を選ぶという形になります。

これにより、多くの男性が埋もれがちになり、目立つのが一層難しくなります。

この悪循環が続くと、男性はより多くの「いいね」を送るようになり、女性に届く「いいね」はさらに増え、マッチングがさらに難しくなるという現象が発生します。

このように、男性の無差別な「いいね」によって、一般男性がTinderでうまく女性と出会えない一因となっています。

結局はルックスが重視される

Tinderでワンナイトが難しい三つ目の理由は、外見が非常に重視されることです。これは、他のマッチングアプリよりも特に顕著な特徴です。

例えば、僕もPairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)など他のマッチングアプリを使用した経験がありますが、これらのアプリは「真剣な交際を望む」「結婚相手を探している」という会員が多い印象です。

そのため、外見だけでなく、その人の性格や趣味など、プロフィールの内容を重視して選ぶ女性がいます。

実際、ちょっとプロフィールの内容を工夫したことで、良い反応を得た経験もありますよ。

しかし、Tinderの場合、飲み友達や遊び相手を探している女性が多いため、外見を非常に重視する傾向が強いです。

その結果、イケメンでない限り、女性とマッチするのが格段に難しくなります。

私の知り合いの中でも、Tinderで女性とマッチできたのは、顔が整っている人だけでした。

このように、外見を重視する文化が根強いため、Tinderはフツメンにとってワンナイトに適したアプリではないのです。

地方だとそもそも女性会員が少ない

Tinderでうまくいかない四つ目の理由は、特に地方においては女性会員が少ないことにあります。

Tinderはユーザーの携帯電話の位置情報を利用して、近くにいる人を表示するシステムを採用しています。

これは他のマッチングアプリには見られない特徴ですが、そのメリットが活かせない状況もあります。

特に地方では、人口が少ない、またはTinderの知名度がまだ低いことから、女性会員の数が非常に限られています。

その結果、近くにいる相手が表示されず、出会いのチャンスが極端に少なくなってしまいます。

一方で、大都市圏では女性会員は多いですが、その分競争も激しくなります。

東京や大阪などの大都市では、多くの女性プロフィールが表示されるものの、ライバルの多さによりマッチング率が下がりがちです。

このように、地方では会員が少なすぎ、都市部では競争が激しすぎるという事情も、Tinderで思うように成果を上げられない理由の一つとなっています。

Tinderでやりたい人集まれ!やれる・やれた実際の流れを紹介

たとえTinderでの成功が難しいと感じていても、「それでもTinderで出会いたい!」と考える男性は多いでしょう。

そんなあなたのために、Tinderで出会うまでの具体的な手順をここで詳しく解説します。

まずはじめに、プロフィール写真を3種類設定しましょう。

写真はあなたの魅力を引き出すために、絶対に力を入れるべき要素です。

次に、多くの女性に対して、他の男性に負けじと積極的に「ライク」を送ります。

これにより、マッチする確率を高めることができます。

マッチした後は、メッセージを通じてコミュニケーションを取り、相手を飲みに誘いましょう。

親しみやすい雰囲気で会話を楽しむことがポイントです。

そして、デートがうまくいけば、帰り道に自宅やホテルへ誘うことが次のステップとなります。

これから各ステップについて、もっと詳細に説明していきます。

【やれる流れ1】写真は3種類用意しよう

Tinderで注目を集めるためには、まず魅力的なプロフィールを作成することがカギとなります。

Tinderでの出会いの可能性は、ほとんどが写真によって左右されると言っても過言ではありません。

プロフィールの写真がとても重要な理由は、それがプロフィールページで最も目立つ場所に表示されるからです。

女性は毎日多数の「ライク」を受け取りますので、写真が魅力的でなければ、プロフィールの詳細を読んでもらえることすら難しいのです。

写真を選ぶ際は、次の三つのタイプを用意することが大切です。

まず、一人で正面を向いてクリアに映った写真を用意してください。

自撮りは避けるべきで、可能であればプロのカメラマンに撮ってもらうのがベストです。

よほどイケメンなら別ですが、自撮りだと「友達がいないか、必死に見える」と感じさせてしまうためです。

次に、友達と楽しく過ごしているシーンを捉えた写真も効果的です。

この写真はあなたが社交的であることを示し、親しみやすい印象を与えます。

最後に、食事や旅行、趣味の状況を撮影した写真は、あなたのライフスタイルが充実していることをアピールできます。

これらの写真は「面白い人物」というイメージを強調し、あなたへの興味を引き出します。

これらの写真を上手く使って、Tinderでの成功率を高めることが可能です。

写真一枚一枚があなたの魅力を伝える重要なツールとなるため、ここは手を抜かずにじっくり選びましょう。

【やれる流れ2】「ライク」をどんどん送りまくる

プロフィールを設定した後は、積極的に女性に「ライク(いいね)」を送る段階に移ります。

この過程では、あまり深く考えずに次々とライクを押していくことがポイントです。相手の写真やプロフィールを詳細に確認する必要はありません。

実際のところ、特にイケメンでない限り、ライクが返ってくる確率は非常に低く、1%未満とも言われています。

そのため、一つ一つを慎重に選ぶよりも、できるだけ多くの女性にライクを送ることが重要です。

極端にいうと、時間をかけて吟味するよりも、可能な限り多くのライクを押す方が効果的です。

Tinderでは、男性は選ばれる立場にあるため、選ぶよりも選ばれることに集中しましょう。

迷って時間を無駄にするよりも、積極的にライクを送り続けることが大切です。

マッチする、つまりライクが返ってくることから先の段取りは、実際にマッチした後に考えれば十分。

このように、片っ端からライクを送る戦略も、Tinderで出会うための一つの方法です。

【やれる流れ3】メッセージで外飲みのお誘い

女性とマッチした後は、メッセージを通じてさっそく飲みに誘うことを目指しましょう。

飲みに誘う理由は、お酒が場を和ませて、女性がリラックスするためやれる確率が高くなるからです。

飲みの誘いは手軽ですし、短時間で返事をもらいやすいのが特徴です。

ただし、初対面でのお酒の誘いに警戒心を示す女性もいます。

このタイプの女性は、そもそも短期的な肉体関係を求めていない可能性が高いので、そもそも会う必要がないかもしれません。

メッセージのやり取りでは、「スピード」が非常に重要です。

迅速に返信することで、興味が薄れる前に飲みの約束を取り付けることが目標です。

マッチした直後が女性の関心が最も高い時であり、時間が経つにつれてその関心は自然と薄れていくためです。

返信を素早く行い、積極的に会う約束をすることが、Tinderでうまくいくためのコツです。

このように、飲みに誘うことと迅速な対応を心掛けることが、Tinderで成功する流れの一部です。

【やれる流れ4】帰宅途中で自宅またはホテルへ誘おう

相手を飲みに誘った後の帰り道、もしもっと仲良くなりたいなら、自宅やホテルへ誘ってみましょう。

誘い方には、「直接的」と「間接的」という2つの方法があります。

直接的な誘い方では、「抱きたい」「ホテルに行こう」とはっきりとした言葉を使います。

一方、間接的な誘い方は、「うちで映画を見ない?」「疲れたからちょっと休もうか」「コンビニでお酒を買って、あそこで飲もうか」といった、もっと気軽な言い方をするんです。

どちらのスタイルがうまくいくかは、相手次第ですが、一般的には間接的な誘い方の方が受け入れられやすいです。

どう誘おうかなと悩んだら、間接的な方法を試してみるのが気楽でおすすめです。

ただ前提として、tinderのようなアプリで知り合ったとしても、必ずしもうまくいくわけじゃありません。

時間とお金をかけたのに、思い通りにならないなんてことも当然あります。

Tinderではないアプリのほうがやれる?やれないのか?

tinder(ティンダー)でワンナイトを成功させる男性は1%未満と非常に少ないと言われています。

そのため、「他のアプリを使うべきかな?」と考える男性もいるのですが、残念ながら他のアプリも状況は大きく変わりません。その理由を説明しましょう。

他のマッチングアプリはtinderに比べて競争相手は少ないかもしれませんが、ワンナイトを求める女性の数も同様に少ないです。

また、長く運営されている出会い系サイトは、新しいマッチングアプリの登場に押されて女性会員が減少している状態です。

これからtinder以外のマッチングアプリや出会い系サイトでワンナイトを目指す場合の実態について詳しく解説します。

違うマッチングアプリは現在やれる女が少なくなっている

他のマッチングアプリも、残念ながらtinderと同じくらい出会いを見つけるのは難しいです。

tinderよりもライバルは少ないかもしれませんが、ワンナイトを望む女性の数も同様に少ないためです。

マッチングアプリを利用する女性には主に3つのタイプが存在します。

  1. ワンナイト目的の女性
  2. 彼氏を探している女性
  3. 結婚相手を探している女性

tinderには「1」のタイプが多い傾向にありますが、他のアプリでは「2」と「3」がより多く見られます。

これらの女性たちは、簡単に身体を許すことはなく、会うまではいけてもセックスへ進むのは一層困難です。

私自身も、他のマッチングアプリで多くの女性と会いましたが、自宅やホテルへの誘いを断られた経験が何度もあります。

インターネット上には「他のマッチングアプリの方がtinderよりも簡単にワンナイトができる」という情報が溢れていますが、これは真実ではありません。

多くの場合、このような情報は、あなたを有料のマッチングアプリに誘い込み、紹介料を稼ぐためのものです。

有料サービスには「アフィリエイト」というシステムがあり、新規登録者を紹介するごとに報酬を受け取ることができます。

このように、甘い言葉で誘われる記事には注意し、実際にそのアプリでの経験がどうなのかをしっかり考える必要があります。

結局のところ、他のマッチングアプリもtinderと同じく、出会いを見つけるのはなかなか大変なのです。だまされないように注意しましょう。

出会い系サイトは業者だらけ!もっとやれない

出会い系サイトは、Tinderよりもさらに出会うのが難しいです。

ネット上にある「簡単に出会える」という情報はほとんどが誤りですので、騙されないよう注意してください。

出会い系サイトは、2000年頃から存在しており、マッチングアプリの前身として利用されていました。

有名なサイトにはPCMAX、メルパラ、Jメール、ハッピーメール、ワクワクメールなどがあります。

これらのサイトは月額制ではなく「ポイント制」を採用しており、特定のアクションごとにポイントが必要です。

かつてはこれらのサイトでも出会いが見つかることがありましたが、今では状況が大きく変わっています。

マッチングアプリの普及により、出会い系サイトの利用者は減少し、特に女性会員の数が大きく減少しています。

残っているのは、ほとんどが悪徳業者ばかりです。

私自身も複数の出会い系サイトに登録したことがありますが、サイトには性的な内容を匂わせる女性の投稿が目立ちます。

これを見ると、tinderよりも簡単に出会えるかもしれないと期待してしまいますが、実際にはこれらのほとんどが違法な風俗業者であることが多いです。

これらの業者は連絡を取ると、すぐに高額な料金を要求してきます。

支払いをすれば、会うことはできるかもしれませんが、登場するのはサイトの写真とは全く異なる女性です。

例えば、サイト上で若々しい美女として紹介されている人物が、実際には全く異なる年齢や体型の人物であることが多いです。

さらに、違法業者は早く仕事を終わらせるために急いで射精させて、すぐ帰ってしまうことがほとんどです。

多くのブログやウェブサイトでは、「出会い系サイトはtinderより出会える」といった誤解を招く情報を広めていますが、これはアフィリエイト報酬を目的とした虚偽の情報です。

例えば、「ハッピーメール」を紹介すると大きな報酬が得られるため、多くのサイトが読者を誘導しようとします。

しかし、現実は出会い系サイトは業者が多く、実際に期待通りの出会いにつながることはほとんどありません。

ポイントを消費するだけで終わることが多いので、これらのサイトに騙されないよう注意してください。

tinderより圧倒的にやれるワンナイトアプリのおすすめは

Tinder(ティンダー)について言うと、実はそれが「簡単に出会えるアプリ」として評価が高いわけではありません。

実際に、私も最近はほとんど使っていないんです。

そこで、どのアプリが出会いを見つけるのに一番いいのかというと、私の経験からすると「Twitter(ツイッター)」がトップです。

Twitterを使うと、毎週2〜3人と新しい出会いがあり、これまでに50人以上と楽しい時間を過ごしています。

ちなみに、Twitterにはアフィリエイトという仕組みがないので、この記事を読んでTwitterに登録しても、私には1円も入りません。

ですから、私がTwitterをおすすめする理由を信じていただけるのではないかなと思います。

Twitterを使うことをおすすめする理由は、主に3つあります。

完全無料で使えるのにライバルは少なめ

最初の理由は、競争が少ないことにあります。

Twitterは無料で使えるアプリで、利用者数も非常に多いです。

ですが、Tinderと違ってマッチングアプリではないので、多くの男性が「Twitterで出会いを見つけられる」とは思っていません。

インターネット上の記事を見ても、Twitterが出会いを提供するアプリとして紹介されることはほとんどありませんし、遊び慣れた友達に聞いても「Twitterで遊んでいる」と言う人はほとんどいません。

つまり、まだ多くの人が気づいていない、競争の少ない環境がそこにはあるということ。

これを釣りに例えるなら、魚がたくさんいるにも関わらず、まだ誰もその場所に気づいていないようなものです。

今このタイミングで、正しい方法を学び、積極的に活動することで、成功の可能性を大きく高めることができます。

このように、ライバルが少ないことが、Twitterを使って目的を達成する大きな理由の一つです。

ルックスで差別されることがない

二つ目の理由は、見た目で差がつかないという点です。

Twitterでは、プロフィールに顔写真を載せる必要がないので、外見だけで判断される心配がありません。

Tinderのようなマッチングアプリでは、顔写真が必須です。

そこでは、写真と少しの文字情報だけで相手を選ぶため、どうしても外見が良い人が目立ちやすくなります。

でも、Twitterではみんなの「つぶやき」、つまり投稿した文章で相手を知ることができます。

このため、どんなにかっこいい人よりも、自分の言葉で人を引きつけることが大切になります。

実は私も、顔を見せずにただの文章だけで、女性とお会いする約束を成功させたことがありますよ。

そういうわけで、Twitterを使えば、見た目に頼らずに自分の本当の魅力を前面に出して交流できるんです。

これが、TwitterがTinderよりも良い理由の一つと言えるでしょう。

女性から誘われる形でやれる

三つ目の理由は、女性からのアプローチを受けることが増える点です。

Tinderなどのマッチングアプリでは、通常、男性側から積極的にアクションを起こす必要があります。

例えば、「いいね!」を押したり、メッセージを送るなど、自分から動くことが求められます。

そして、特別に魅力的なプロフィールでなければ、ただ待っているだけでは出会いにつながることは少ないです。

しかし、Twitterでは違います。人気のアカウントをしっかりと育てれば、自然とフォロワーからの関心が高まり、女性から直接メッセージで誘いが来ることも珍しくありません。

実際に、私も積極的に誘うことなく、女性からメッセージが頻繁に届いています。

これが、TwitterでのやりとりがTinderよりも有利な点です。

適切な方法でアカウントを管理すれば、女性からのアプローチを待つことができ、これがTwitterを使う大きな魅力の一つとなっています。

ホテルに直行してやれる

四つ目の理由は、直接ホテルに行けるチャンスが増えることです。

Tinderや他のマッチングアプリでは、最初にホテルに直行するのはなかなか難しいですよね。

たいてい、食事や飲みを挟んでからでないと進展しないことが多く、そこで終わってしまうこともあります。

高い食事を奢ったあとに、何も起こらずに相手が帰ってしまうケースも珍しくないです。

でも、Twitterを使うと、事情が少し違います。

アカウントを上手に育てていれば、最初からある程度の期待を持って会う人も見つかりやすいです。

ですから、会う約束をするときに、食事を挟まずに直接ホテルへ行くこともアリです。

これなら、ホテル代だけで済むので、余計な出費も少なくてすみます。

つまり、手軽に直接ホテルで会える可能性があるのも、Twitterを使うメリットの一つと言えるでしょう。

Tinder(ティンダー)でワンナイトはやれるが効率的にはやれない

この記事を通して、Tinder(ティンダー)が「やれる」アプリかどうかについて深掘りしてみました。

Tinderには遊び心を持った女性会員もいるので、出会えれば関係を持つチャンスは決して低くはありません。

しかし、実際に女性と会うまでの道のりは簡単ではありません。

男性も無料で使えるため競争が非常に激しく、多くの男性が何でもかんでも「いいね」を送るので、プロフィールが埋もれがちです。

また、遊び目的の女性が多いので、ルックスがかなり重視される傾向にあり、地方では女性会員が少ないためにマッチング自体が困難です。

そのため、Tinderを「やれるアプリ」として推すことは難しいですし、私自身もほとんど使っていません。

もしワンナイトを目的としたアプリを探しているなら、Twitterを試してみることをおすすめします。

Twitterは競争がまだそれほど激しくなく、顔写真が必須ではないため、見た目だけで判断されることが少なく、自然に女性からのアプローチを受けやすいです。

さらに、セックスを前提にした出会いが期待できるため、食事などを挟まずに直接ホテルに行くことも可能です。

こうした理由から、TwitterはTinderよりも出会いやすい環境を提供してくれるかもしれません。